犬鳴村とは?映画化された都市伝説の場所をグーグルマップで調べた

   

Pocket

2020年に公開される三吉彩花さん主演の映画『犬鳴村』

元々は『口裂け女』や『人面犬』のような都市伝説のひとつ。

一部の方には有名な話だったようですが、映画化されることになり、どのような話なのか気になったので、調べてみました!

一体、『犬鳴村』とは何なのでしょう?どこにある村なのでしょう?

Sponsored Link
 

都市伝説『犬鳴村』とは?

それではまず、都市伝説『犬鳴村』について紹介したいと思います。

昔はどうだったのかはわかりかねますが、現在の地図上には「犬鳴村」という場所は存在していません

有名心霊スポットである福岡県の「犬鳴峠」という場所に、「犬鳴村」という隠れ村落がるという話です。

どの道を辿ればその村落へ行けるのかは不明ですが、そこへ行く道の途中には「ここでは日本国憲法は適用されません」という看板があるそうです。

その先の犬鳴村へ行こうとすると、消されてしまうという都市伝説です。

『犬鳴村』の都市伝説には以下の様な内容が設定(?)されています。

⓵地図には載っていない、完全に抹消されている場所である。また、犬鳴村に関するあらゆる記録が無い。
②「ここでは日本国憲法は適用されません」という看板がある。
③ 旧犬鳴トンネルに柵が張ってあり、それを乗り越えると、紐と缶の仕掛けが施されている。仕掛けにかかってしまうと音が鳴り、どこからか斧を持った村人が駆けつける。
④ 全ての携帯電話が「圏外」で使用不能。近隣のコンビニにある公衆電話は警察に一切通じない。
なんだか、これだけでも不気味な話ですね。

インターネットの誕生で情報が溢れている社会だからこそ、こういった情報の波の外にある村落の存在がより一層好奇心と恐怖心を引き立てます。

犬鳴村,映画,都市伝説,場所,グーグルマップ,三吉彩花,清水崇

 

『犬鳴村』の現在の場所は?グーグルマップで調べてみた!

「犬鳴村」は本当に存在しないのか?さっそくグーグルマップで調べてみました!

結果、「犬鳴村」というワードでは検索に引っ掛かりませんでした。

しかし「犬鳴」、「犬鳴山」、「犬鳴ダム」、「犬鳴峠」、「犬鳴川」という場所はグーグルマップ上に存在していました!

全て福岡県宮若市内にある場所だったので、もし「犬鳴村」が存在するとしたら、この近辺ということになりますね。

今回は、有名心霊スポットである「犬鳴峠」の場所をグーグルマップで示しておきます!

 

私はビビりなので、さすがに心霊スポットでへ行く勇気はありませんが、もし行く勇気がある方は

是非動画を撮影して頂き、『有名心霊スポット犬鳴峠へ行ってみた!』等のタイトルでYoutubeに動画をアップして下さいね!

Sponsored Link
 

■三吉彩花さん主演の映画『犬鳴村』のストーリーは?

さて、2020年の2月7日から公開される映画『犬鳴村』のストーリーについて紹介したいと思います。

主演は『ダンス・ウィズ・ミー』で音楽がかかると踊ってしまう体質をもつ役を演じた三吉彩花さん。

とっても愉快な役から一転!「新たなホラークイーン!」と称されるほど期待されています。三吉彩花さんにとっても新たなチャレンジですね!

監督は『呪怨』『THE JUON/呪怨』で有名な、あの清水崇監督です。

三吉彩花さんは臨床心理士の森田奏役を演じます。この役がまた特別で、奏では「霊が見える」という霊能力を持つ設定。

ある日、奏の兄である悠真と、悠真の彼女である明菜が、心霊スポットである『犬鳴村』へ行ってしまったことから、奏が不可解な出来事に巻き込まれていくというストーリー。

都市伝説『犬鳴村』の設定を含みつつどのように物語が進んでいくのか非常に気になります!絶対観ます!

 

以上、『犬鳴村』について書いてみました。映画化される『犬鳴村』には非常に期待してしまいますね!

清水監督の『呪怨』には本当にビビりましたし、連夜夢に出てきて眠れなくなる始末。

今度の作品も同じくらい怖がらせてくれることを期待してます!でも、少しは手加減してね!笑

 - その他 , , , , , ,