ノーサイドゲーム9話の感想と10話のあらすじ・黒幕は脇坂?

      2019/09/09

Pocket

大人気ドラマ『ノーサイドゲーム』も最終回手前!

ツイッター上では早くも「ノーサイドゲームロス」がつぶやかれています。

第8話では七尾圭太(眞栄田郷敦)と浜畑譲(廣瀬俊朗)のスタメン争いが見物でしたね!

ノーサイドゲーム8話と9話のあらすじ・七尾圭太スタメンなるか?

第9話では「真野敵」がその姿を現します。果たして、君嶋(大泉洋)とアストロズの運命はどうなってしまうのでしょう?

Sponsored Link
 

ドラマ『ノーサイドゲーム』第9話の感想

それでは、ドラマ『ノーサイドゲーム』第9話の感想を書いていきます。

カザマ商事の買収を決定するため、トキワ自動車本社にて取締役会議が行われていた。

デューデリも問題なく終わり、あとは会議で承認を得てカザマ商事を買収することが出来れば、トキワ自動車は実質、力をつけた滝川常務(上川隆也)のものとなる。

しかし、この会議には府中工場の広報部長である君嶋(大泉洋)も呼ばれていた。本来、会議には呼ばれない立場の君嶋だが、経営戦略室長の脇坂(石川禅)に呼ばれ、ある資料と共にこの会議に出席。

それは、あるオイルタンカーの事故がカザマ商事のものだと決定づける証拠の資料で、君嶋のせいでカザマ商事買収は中止。滝川常務は社長の座に座り損ねた。

怒りに震える上川上川隆也さんメッチャコワかったです!

そして、君嶋の元上司である脇坂は昇格して常務になる!すると、脇坂は君嶋へのこれまでの態度を一変!ラグビー部・アストロズの予算を削減すると言い出す。

一方、トキワ自動車ラグビーチーム・アストロズは、七尾圭太がスタメン入りし、浜畑譲は(廣瀬俊朗)はベンチへ回る。

しかしベンチに回っても浜畑は腐ることなく、控え組をまとめたあげていた。浜畑さんメチャかっこいいです!

そんな中、柴門監督は(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し、このままではサイクロンズ戦の前で負けてしまうと言い放つ。

プラチナリーグも順調に勝ち進み、遂にセミファイナル。相手チームは強豪チーム・ブレイブス。

ブレイブスには濱田岳さんも急遽出演し、セリフはありませんでしたが、スクラムハーフとして活躍されていました!

濱田岳は元ラグビー部だった!高校時代のポジションはどこ?

しかし、その試合で浜畑が怪我をしてしまう。

痛い。痛すぎます。ラグビーに怪我は付き物なのかもしれませんが、かなり痛そうでした。

ノーサイドゲーム,9話,感想,10話,あらすじ,脇坂,ドラマ,本当の敵

 

本当の敵は君嶋の元上司・脇坂?

滝川常務のカザマ商事買収案件が失敗に終わり、逆に力を付けたのが君嶋の元上司・脇坂

常務に昇格したした脇坂は、これまでの態度を一変させアストロズの廃止を公言する。しかも、君嶋を府中工場に異動したのは滝川常務ではなく、脇坂だったということを君嶋は知る。

「本当の敵はあの人だったのかぁ。」気付いた時には、時すでに遅し。

カザマ商事買収が失敗し、社長の座につけなかった滝川は君嶋に対して、「君の試合はまだ終わっていない。負けるな」と言葉を投げる。

今まで君嶋の天敵で憎らしかった滝川常務が急激にいい人に見えた瞬間でした。

Sponsored Link
 

ドラマ『ノーサイドゲーム』第10話のあらすじ

毎回最終回の様にアツい内容のドラマ『ノーサイドゲーム』も遂に本当の最終回!

通常60分のところを80分に拡大して放送されるようです。(そんなんで収まりきるのか?)

トキワ自動車では、君嶋の元上司の脇坂が実権を握り、このままではアストロズは廃部になってしまう。

君嶋はアストロズの活動で何とか利益を出そうと、プラチナリーグの組織改革案を日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)提出するが…。

一方、アストロズはサイクロンズ戦に向けて気合充分!

毎日ハードな練習を続け、サイクロンズ戦のための準備を進める。

怪我をした浜畑も懸命にリハビリをするが、試合に間に合うのか?

泣いても笑っても決勝戦!そして最終回!というか絶対に泣いてしまう!

また、いいタイミングで米津玄師さんの主題歌『馬と鹿』が流れるんだろうなぁ~。

来週の最終回本当に楽しみですね!

 - 芸能 , , , , , , ,