弘前高校|俳句甲子園2019で優勝した日本一高校生の決勝句は?

   

Pocket

2019年8月18日、俳句甲子園の決勝戦が開催されました。

今年の日本一に輝いたのは、青森県立弘前高校でした!

今回は、俳句甲子園で日本一となった弘前高校について書いてみたいと思います。

Sponsored Link
 

俳句甲子園の開催場所は?甲子園じゃない?

俳句「甲子園」と聞くと、やはり「甲子園」で開催されるのだろうと思ってしまいますが、愛媛県の松山市にて朝日新聞社主催で開催されています。

高校野球だったら「甲子園」。高校ラグビーだったら「花園」。高校サッカーだったら「国立」。かるただったら「近江神宮」。

などなど、競技によって「聖地」と呼ばれる場所がありますが、俳句は「松山」のようですね!

私も俳句の聖地が「松山」とは調べてみるまで知りませんでした。

全国の高校生が1年に1度競い合うという意味で「甲子園」という言葉にあやかっているのでしょう。

そちらの方がわかりやすくていいですね!ちなみに2019年で22回目の開催となりました。意外にも歴史があることに驚きました!

弘前高校,俳句甲子園,2019,優勝,,日本一,高校生,決勝,文芸部

 

弘前高校は2019年の俳句甲子園で初優勝!

2019年俳句甲子園の決勝戦は、名古屋高校Bチームと弘前高校の対決!

結果的は弘前高校が3対2で初優勝!

初めての優勝ということで、感動も大きかったでしょうね。

しかし、弘前高校文芸部は8月23日に3年生の引退式が行われ、現在は1、2年生の合計4名だけ。

「弘前高校文芸部」のツイッターでは、「来年の俳句甲子園の出場すら危ない!」と部員を募っています。

今年に優勝した功績を考えると、来年は新入部員がたくさん来ることが予想されますが、どうなんですかね?

私は高校時代、吹奏楽部に所属していたのですが、やはり結果を残した次の年はたくさん新入部員が入る傾向にありましたね。

テレビのバラエティ番組なんかを見ていても、現在の中学生・高校生はそういうところを結構シビアに見ているみたいですからね。

来年の弘前高校文芸部は安泰なのではないでしょうか?

Sponsored Link
 

日本一の高校生たちが詠んだの決勝戦の俳句は?

さて、青春真っ最中の弘前高校の高校生たちが俳句甲子園決勝戦で詠んだ歌はどんなものだったのでしょう?

決勝戦のテーマは「新」でした。決勝戦は5句勝負。

以下の歌が、弘前高校文芸部の皆さんが詠んだ歌です。

 

①新涼や 内陸国の 雲の波

②着ぐるみの 中の笑顔や 涼新た

③新涼や 嫌いなやつの 良いところ

④新緑や 父の作りし ベンチ置く

⑤夏めくや 新刊本 堆く

 

残念ながら私は俳句に詳しくないので、何を詠んでいるかは正確に把握しかねますが、高校生でこのレベルの歌が詠めるとは、驚きです。

さすがは王者ですね!

 

以上、2019年第22回俳句甲子園で優勝した青森県立弘前高校について書いてみました。

近頃では芸能人でも俳句を詠む人が多くなっているのか、バラエティ番組でも俳句に関する企画が多いように思われます。

日本の良き心をいつまでも受け継いでいってもらいたいものですね!

 

 - その他 , , , , , , ,