ラグビーワールドカップ2019マスコットキッズの募集はいつ?

   

Pocket

ラグビーワールドカップ2019。ウルグアイ対フィジー戦の試合前、ウルグアイの選手と共にウルグアイの国歌を歌った日本人のマスコットキッズがいたと話題になっていましたね!

一体どんなマスコットキッズだったのでしょうか?

今回はラグビーワールドカップのマスコットキッズについて書いてみたいと思います。

Sponsored Link
 

ウルグアイの選手と国歌を歌った日本人のマスコットキッズ

日本の国歌を歌ったのだったらいざ知らず、ウルグアイの国歌を選手と一緒に歌った日本人のマスコットキッズがいます!

彼の名前は青木君

青木君は「サッカーや野球と比べてラグビーはあまり子供たちの間でも知名度が高くない。だから、ラグビーやワールドカップの面白さを伝えたい!」と思い、マスコットキッズへ応募

ウルグアイのマスコットキッズになることが決まると、元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんらが立ち上げた、参加チームの国歌を覚えるプロジェクト「スクラムユニゾン」の動画を見て、スペイン語で歌われているウルグアイの国歌の歌詞を覚えたのだとか!

廣瀬俊朗|現役時代のラグビーチームとポジションは?引退の理由も

英語で歌うのだって難しいのに、スペイン語にチャレンジするとは、キッズにしてラグビーへの愛が本当に強いんですね!

青木君の歌う姿を見てウルグアイの選手たちも感心し、肩を組んだり頭をなでたりして青木君を歓迎したようです。

ラグビー,ワールドカップ,2019,マスコットキッズ,募集,いつ,

 

ラグビーワールドカップ2019マスコットキッズの募集はいつ?

そんな青木君の姿を見て、マスコットキッズになって参加してみたい!と思った子供たちも多いのではないでしょうか?

もしくは、うちの子供も参加させたいと思ったのでは?

では、ラグビーワールドカップ2019マスコットキッズの募集はいつだったのでしょう?

大会の開催は2019年9月20日(金)でしたが、マスコットキッズの募集は、2019年3月29日(金)~6月30日(日)でした。なんと半年近く前から募集していたんですね!

半年前というと、ラグビーワールドカップが開催されることを意識していた方はほとんどいなかったんじゃないでしょうか?

余程ラグビーが好きな人しか取りに行かない情報ですよね。それこそ青木君のような。

ですので、残念ながら今回のラグビーワールドカップの募集は終了してしまっていますが、4年後のワールドカップのマスコットキッズに応募する際の参考にして頂ければと思います。

Sponsored Link
 

マスコットキッズの募集人数は?年齢制限はあるの?

ラグビーワールドカップ2019年に関して言えば、マスコットキッズの募集人数は総勢96名でした。もちろん出場する国や地域限定です。

なお、対象は日本国内に住んでいて、2019年10月時点で満7歳から満13歳までの子供という条件付き。

ですので、現在10歳になるお子様は次回のワールドカップのマスコットキッズになれる可能性は低いですね。

もしかしたら対象年齢が上がるかもしれませんが。それにしても、青木君のような13歳以下の子供が「ラグビーをもっと知ってもらいたい!」と行動を起こしているなんてスゴイですね!

私も、その行動力を見習わなければいけないなと思いました。

「小さい頃の方があれこれ考えずに真っ直ぐ突き進めるのかな?」とも思いましたが、自分に言い訳しているだけだなと思ったので、私も自分の思った道を真っ直ぐ進める大人になろうと思います。

 

以上、ラグビーワールドカップのマスコットキッズについて書いてみました。

総勢96名のマスコットキッズたち。

出番はそう多くないですが、彼らの胸にはとても素敵な思い出が残ることでしょう。

その思いを引き継いで、日本のラグビーを盛り上げる存在になってもらいたいですね!

 

 - スポーツ , , , , ,