オコエ瑠偉の妹・桃仁花のバスケ所属チームは?経歴・身長・画像他

   

Pocket

楽天のオコエ瑠偉選手がクライマックスシリーズで活躍したことが話題となっていますね!

実は、オコエ瑠偉さんには妹さんがいて、バスケットボール選手として活躍されています。

兄妹でスポーツ選手として活躍しているなんてスゴイですよね!

今回オコエ瑠偉の妹・桃仁花(もにか)さんについて書いてみたいと思います。

Sponsored Link
 

オコエ瑠偉の妹・桃仁花のプロフィールを紹介!

それではまず、オコエ瑠偉の妹・桃仁花さんのプロフィールを簡単に紹介したいと思います。

生年月日は1999年2月7日。ご出身は東京都です。

お母様は日本人ですが、お父様がナイジェリア人ということで、ハーフということになりますね!

ニックネームは「ティナ」。身長は181cmと正にバスケットボール選手向きの高身長ですね!

まてよ…。181cmということは私と同じ身長ですね!体重は82kgということですので、かなり体格がいいことも予想されます。

私は長身で細身なので、おそらく私なんかがぶつかってもビクともしないでしょう。選手としてかなり恵まれた肉体をお持ちの選手ですね!

オコエ,瑠偉,妹,桃仁花,バスケ,チームは,経歴,身長,画像,

 

オコエ桃仁花のバスケ所属チーム・ポジションは?

オコエ桃仁花さんはがどちらのバスケチームに所属されているのでしょう?

2019年10月現在、オコエ桃仁花さんは『富士通レッドウェーブ』に所属されています。その前は2017年から『デンソーアイリス』に所属されていたようです。

オコエ桃仁花さんのポジションは「センターフォワード」

「センターフォワード」とは、複数のポジションをこなす選手を表す言葉の1つです。「フォワード」と「センター」両方のポジションをこなすプレイヤーのことです。

私は「バスケ」と聞くと「スラムダンク」を思い出す世代なので、「スラムダンク」のキャラクターで説明させて頂くと、主人公・桜木花道と湘北のキャプテン・赤木剛憲(ゴリ)を足して2で割ったようなポジションということです。

チームの大黒柱でありながら果敢に点も獲得しに行くポジションです。オコエ桃仁花さんカッコイイですね!

Sponsored Link
 

 

オコエ桃仁花のバスケの経歴は?

オコエ桃仁花さんはどのような経歴を経て今に至るのか調べてみました。

東村山市立秋津小学校でミニバスを始め、東村山第六中学校、明星学園高校とバスケを経験してきました。

高校2年生の時には全国インターハイで3位に輝き、U-17日本代表にも選出され世界選手権にも出場された経験があります。

高校卒業後に『デンソー』に入社し、バスケットボール選手として活躍し始めました。

物心ついた時からバスケットボール一筋だったようですね!

何事もきちんと身につけるには10年の月日がかかると言う人もいますが、まさしくオコエ桃仁花さんが幼い頃から頑張ってきた結果が現在実っているということなんでしょうね。

まだ20代前半なのにすごいなと感心してしまいました。

 

以上、オコエ瑠偉の妹・桃仁花さんについて書いてみました。

兄妹そろってプロスポーツ選手だなんてスゴイですね!

本人の努力ももちろんあるのでしょうが、ご兄妹で活躍されているのを見るとやはり遺伝子がスポーツ向きというのもあるのかな?と思ってしまいますね。

もしかすると、幼い頃から将来スポーツ選手になるような環境に見を置いていたからなれたのかもしれませんね!

これからはお兄様のオコエ瑠偉さんだけでなく、妹さんのの桃仁花さんも応援していきたいと思います。

 

 - スポーツ , , , , , , , ,