グランメゾン東京・キムタクの包丁、ケースのメーカーはどこ?

   

Pocket

毎回美味しそうな料理を作り、視聴者を沸かせているドラマ『グランメゾン東京』。

演出が加わっているとは言え、キムタクの料理をするシーンはやはりカッコイイですよね!

今回はそんな料理シーンでキムタクが使用している包丁がどのメーカーのものなのか。

そして、オシャレな包丁ケースはどこで作られたものなのか調べてみました。

Sponsored Link
 

『グランメゾン東京』キムタク愛用の包丁メーカーは「高村刃物製作所」

ドラマ『グランメゾン東京』でキムタクが愛用している包丁がカッコイイと話題になっていますね!料理に興味がある方なら、自然と道具にも目が行ってしまいますよね。

ドラマを観た方は誰もが「あの包丁かっこいい!」と思うでことでしょう。

ドラマの試写会ではキムタクが「黒身の柄が赤いナイフを作ってもらいました。」とコメントし、キムタク演じる主人公・尾花夏樹としてオーダーしたものなんだとか。

このカッコイイ包丁のメーカーは「高村刃物製作所」です。HPのトップページにも記載があるので、間違いありません。

メディア情報

日曜日午後9時から放送のTBSドラマ『グランメゾン☆東京』で主人公が使う包丁に、高村作のワインレッドハンドルの黒い包丁が使われています!

この包丁は完全オリジナルの特注品で、現時点で一般の方向けには販売されていません。

料理を志す者、キムタクのファン等々多くの人が欲しがること間違いなしですね!

制作者の高村光一(たかむらてるかず)さんはご自身のインすグラムに画像をアップしていました。

「Kniflon Black」という名前のようですね。めちゃめちゃカッコイイです!

グランメゾン東京,ドラマ,キムタク,包丁,ケース,メーカー,木村拓哉

 

「高村刃物製作所」とは?

「高村刃物製作所」が作られたのは1945年の12月、戦後間もない頃でした。

初代・高村勇さんは13歳の頃から鍛冶の修行に入り30代半ばで「高村刃物製作所」を興しました。

ステンレス包丁に憧れ、「よく切れるステンレス包丁を作りたい!」と研究を始めたのは2代目の高村利幸さん。1954年の頃でした。

グランメゾン東京,ドラマ,キムタク,包丁,ケース,メーカー,木村拓哉

その後様々な包丁やナイフを製造し、1987年には「福井県知事卓越技能者賞」を受賞。2000年を過ぎるころには世界のトップシェフにもその出来栄えを認められるようになりました。

さらに研究と製造を進め、2015年には『現代の名工』という厚生労働大臣にも表彰され、翌年2016年には『黄綬褒章受章』を受賞。

2017年にはドイツIFデザインアワードにて日本刃物業界初の金賞を受賞し、2018年にはゴ・エ・ミヨ(Gault & Millau)2018トラディション賞を受賞。

正に日本が誇る刃物制作のトップを走るメーカーさんです。

 

住所:福井県越前市池ノ上町49-1-6
TEL:0778-24-1638

「高村刃物製作所」が掲げる「よい包丁」とは?

素晴らしい包丁・ナイフを作っている「高村刃物製作所」。こちらのメーカーさんが掲げる「よい包丁」とはどんなものなのでしょう?

先程の画像にもあった高村製作所のロゴでもある「三ツ刃」のマークにその精神が込められているようです。

それは「よい材料、よい鍛造・熱処理、よい研ぎ」という精神。この三つの要素が組み合わさってよい刃物が生まれるというのです。

その結果「高村製作所」で生み出された包丁・ナイフは以下の様な特徴を持つように作られるようです。

・よい作りがしてあるか(研ぎのいらないベストな状態)
・切れ味の持続(少ないメンテナンスでも長切れする)
・刃こぼれしにくい(プロの仕事にも耐える、硬度と強度)
・通り抜けがいい(刃が素材に密着するようなスムーズな切れ味)
・清潔感(丈夫かつ耐水性の高いハンドル選び)
・適度な重さ(軽すぎず、重すぎず、長時間でも疲れにくい
・重心のバランス(刃の付け根の重心で使用時のブレを軽減)
・適度なしなり(繊細な食材に適した刃の靭性)
・研ぎやすさ(家庭でもメンテナンスしやすい刃付け)

これだけのこだわりを持った刃物を作っているとは驚きですね!

しかもキムタクが使っている包丁はここからさらに特注されたものですからね!とても貴重なものであることがわかります。

ちなみに「高村刃物製作所」で製造している包丁で一番高価な商品は、鍛造粉末不錆鋼ダマスカス共鍔「打雲」の牛刀300mmが\84,300

包丁が長くなればその分材料費や手間もかかりますから、値段は上がりますが、キムタクの特注品は一体どれくらいするんですかね?

刃の部分が黒、柄の部分が赤でデザインもかなり凝っていますから10万円は下らないでしょうね。

しかも特注品が3本もありますから、単純に計算しても全部で20万~30万円位でしょうか。一般の方が手を出すにはちょっと高価すぎるかな?

Sponsored Link
 

キムタク愛用の包丁ケースはどこのメーカーのもの?

ドラマ『グランメゾン東京』の料理シーンででキムタクがパッと包丁を出しますが、その時にチラッと見えるレザー製の包丁ケースも本当にオシャレでカッコイイんですよね!

私も一時期包丁を包丁ケースに入れて持ち歩いていたのですが、自分だけの特別感があってとても嬉しかったのを覚えています。

キムタクが使っているような包丁ケースでしたらなおさらテンションが上がりそうです。

どこで販売されているのか調べてみたところ、「fujioka leather(フジオカレザー)」というハンドメイドのレザーアイテム屋さんで作られたようです。

グランメゾン東京,ドラマ,キムタク,包丁,ケース,メーカー,木村拓哉

こちらのHPにも以下のように書いてありました。

TBS日曜劇場【グランメゾン東京】で主人公が使用する包丁ケースを制作させて頂きました!」

クオリティ重視の「fujioka leather」では全ての作業を一人で行っているんですって!

良質な革を使用して、一つ一つ手縫いで作っているので、セミオーダーやフルオーダーのレザーアイテムを作ってもらうことも可能です!

財布やベルト、バッグはもちろんスマートフォンケースのような小物も作ってくれるようですよ!

グランメゾン東京,ドラマ,キムタク,包丁,ケース,メーカー,木村拓哉

 

カスタムオーダーをする場合はHPに掲載されているオリジナル商品の、カラー変更、バッグなどのストラップの長さ等、を注文出来るようです。

フルオーダーの場合は、一度店舗の方に来店し、どのような目的で使用するアイテムなのか?

デザインやカラー、素材、ステッチの色、金具の色等を決めていくというステップを踏んで注文が進んでいくようです。

キムタクの包丁ケースはどのようなコンセプトで注文されたのでしょうね?気になるところです。

これからドラマ『グランメゾン東京』の放送が続くにあたり、「fujioka leather」さんの情報が広まっていくことでしょうから、オーダーが山の様に入ってしまうかもしれませんね!

住所:東京都町田市金森3-1-12
TEL:042-799-1678

 

『グランメゾン東京で』キムタクが愛用している包丁は他の芸能人も愛用!

ドラマ『グランメゾン東京』ではキムタクが「高村刃物製作所」の包丁を使用していますが、その品質の高さが評判で芸能人の方でも愛用している方がいるようです。

まずは、タレントで俳優の坂上忍さん。

フジテレビ『バイキング』の「坂上とみきママの超お手軽!マジックレシピ」というコーナーで坂上忍さんが使用していた包丁が「高村刃物製作所」のものでした。

「打雲」という名前の包丁で、『バイキング』のスタッフさんが坂上忍さんの誕生日にプレゼントしたそうです。

包丁を贈り物にするなんて粋ですね!料理好きの方なら絶対喜びますよね!しかも、そんなに安い買い物ではなかったでしょうに。坂上忍さんもさぞかし喜んだことでしょう!

グランメゾン東京,ドラマ,キムタク,包丁,ケース,メーカー,木村拓哉

 

さらに、お笑い芸人のインパルス・堤下敦さんも「高村刃物製作所」の包丁を所有しているのだとか!

堤下敦さんはご自身でYoutubeチャンネルを立上げました。その名も「堤下食堂」

動画チラッと拝見しましたが、かなり手際よく作業されています。注目すべきは堤下さんの包丁!

グランメゾン東京,ドラマ,キムタク,包丁,ケース,メーカー,木村拓哉

完全に「高村刃物製作所」のものですね!しかも、堤下さんはマイ包丁を5本も所有しているのだとか!全部で30~50万円くらいはしちゃいそうですね。

でも、動画を観ただけでわかりましたが、この包丁かなり切れ味が良さそうでした。

 

以上、ドラマ『グランメゾン東京』でキムタクが愛用している包丁と包丁ケースについて書いてみました。

これから年末にかけて物語もどんどんヒートアップしていくでしょうし、それに伴って「キムタクが使っている包丁や包丁ケースが欲しい!」という方も増えそうですね!

どちらも特注品なので入手することは難しいでしょうが、包丁に関しては黒いものでなくても十分使えるでしょう!

料理好きな方は一度「高村刃物製作所」の包丁を試してみるのもいいかもしれませんね!

 - 芸能 , , , , , ,