トレース第10話の感想と最終回のあらすじ・黒幕は佐保優作?

   

Pocket

フジテレビ、月曜21時から放送されているドラマ『トレース 科捜研の男』。

25年前に家族を失い、事件の真相を追う真野礼二(錦戸亮)。

物語も終盤になって参りました!

最終回に向かってどのように進んでいくのでしょうか?

Sponsored Link
 

トレース第10話の感想

沢口ノンナ(新木優子)は25年前の事件の捜査に協力すると申し出るも真野に断られてしまう。

 

しょぼんとしてしまうノンナさんですが、虎丸(船越英一郎)に励まされて、自分に出来ることを地道にやっていった結果、ある手がかかりを入手!

手がかり入手の功績と虎丸さんの推しのお陰で、真野にも捜査に加わることを許してもらえます。

 

やったね!ノンナさん!

やっぱり地道な努力が一番だね!

新木優子の口元・目元がハーフっぽくてかわいい!(画像)

 

ドーピングの件や、今回の事件が明らかになり、被害者や加害者の思いがわかってくるにつれて、きちんと正しい行いをしないと後々痛い目を見るのだなぁ~と思いました。

 

理屈で言えば、お金払って身代わり立てておしまいってなるけど、悪いことをしてしまったという罪悪感や、それから来るプレッシャーはその後の人生に大きな影響を与えてしまうんだなと。

まぁ、常に真っ直ぐ歩けるのが人生ではありませんが、出来る限り自分の信じた道を真っ直ぐ進む努力は必要かもしれませんね!

トレース,10話,感想,最終回,あらすじ,黒幕,佐保優作,袴田吉彦,科捜研,錦戸亮,新木優子,船越英一郎,

 

トレース第10話・黒幕は佐保優作(袴田吉彦)?

佐保優作(袴田吉彦)が25年前の事件に関与している可能性が高く、今回の元テニスプレーヤーの事件、そして、過去の手にスプレイヤーのドーピング事件も佐保が関係していることが明らかになります。

お金でドーピングした選手を入れ替えたり、結婚詐欺師を利用したりやり方が汚いですねー。

ここまで来ると、25年前の黒幕は佐保しかいない!

と思わせておいて、10話の最後で急展開

いったい25年前の黒幕・真犯人は誰なのでしょう???

Sponsored Link
 

トレース最終回のあらすじ

真野は第10話で佐保のDNAを採取しようと食品会社のパーティー会場に行くが、佐保の控室で爆発音を耳にする。

25年前の事件の真犯人が佐保かと思いきや、佐保はボイラー室でガス爆発に巻き込まれて始末されてしまう。

 

真野はノンナや海塚先生にも協力を仰ぎ、真野の姉の子供のDNAが25年前の事件に使用された軍手に付着していた血液の持ち主と親子関係であり、そのDNAの持ち主を探し出すべく行動する。

佐保のDNAは不一致だったが、佐保の現場近くにあった手袋に付着していた皮膚片が一致する。

 

25年前の事件の証拠は警察内部から隠蔽されてしまい、佐保の件でも圧力がかかる中、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が登場する。

壇は真犯人なのか?

25年前の事件の真相は?

全ては最終回で明らかになります。今から放送が楽しみですね!

 - 芸能 , , , , , , , , , , ,