3年A組の卒業式 最終回後の物語・前編のネタバレと感想

      2019/03/17

Pocket

3月10日に最終回を迎えたドラマ『3年A組』ですが、最終回が終わるのとほぼ同時にスピンオフ作品Huluで独占配信されました。

ドラマのあまりの人気ぶりにHuluのサーバーがダウン!翌日、Huluが視聴者にお詫びをするというニュースまで流れました。

今回はHuluをダウンにまで追い込んだスピンオフ作品の前編について書いていきたいと思います。

Sponsored Link
 

ドラマ『3年A組』の卒業式 最終回後の物語・前編のネタバレと感想

3月10日、本来ならばその日は3年A組の卒業式でしたが、学校は事件の対応に追われ卒業式を延期します。

教室で待機している3年A組の生徒たちでしたが、柊一颯(菅田将暉)が最後に残した動画ファイルが見つかります。そのタイトルには「卒業式」の文字が。。。3年A組の生徒たちは動画を再生します。

 

ハイテンションな一颯の声から始まり、次のように語ります。

「今から俺の卒業式を始める。」「卒業証書を受け取ったら、俺に向かってお前たちの目指す未来を語れ

「そんなことしたって仕方が無いと思ったか?いいか?こういうのは言葉にすることが大事なんだ。言葉にすることで意識をする。
意識をすることで行動をする。行動することで考える。考えることで何かが変わる。それにお前らの言葉は俺に届く。」

 

一颯の生徒一人一人に宛てたメッセージと、事件を通して一回りも二回りも成長した生徒たちの魂の叫びに涙が止まりませんでした。

ドラマの最終回、一颯先生が画面に向かって叫んでいたシーンのように、ドラマであることを忘れてしまうくらいリアリティのある回でした。

3年A組最終回の感想と映画化について・柊一颯(菅田将暉)の教え

きっと生徒役の方々も、生徒役という枠を超えてこの『3年A組』という作品から多くのことを学んだのではないか?と感じさせてくれる回でした。

そして、一颯先生の「卒業式第二部の開幕だ」という言葉で後半に続きます。。。

3年A組,最終回,ネタバレ,スピンオフ,前編,感想,後編,あらすじ

 

ドラマ『3年A組』の卒業式 最終回後の物語・後編のあらすじ

生徒たちは教室を移動し、「卒業式第二部開幕」が始まる。

 

パソコンの動画ファイルから流れる一颯先生の言葉は続く。

「担任教師として一人一人の名前を呼んで学校から巣立っていく生徒を送り出す。それも俺の教師としての夢の1つだった。お前たちの未来を聞かせてくれ。」

生徒たちはパソコンを囲みそれぞれの未来を語る。。

Sponsored Link
 

ドラマ『3年A組』の卒業式 最終回後の物語・後編の配信日は?

スピンオフの前編では16名の生徒が、自分の未来について熱く語ってくれました。

後編では残りの13名が語るのだと思われます。そして最後に語る生徒はやはり茅野さくら(永野芽郁)でしょう。

 

全ての生徒が自身の未来について語った後、一颯先生が残すメッセージは何なのでしょう?

最終回が終わった後でも、ドラマ『3年A組』の熱はまだまだ冷めません。

ドラマ『3年A組』の卒業式(後編)は3月17日の0時から配信されます。

次回もHuluのサーバーがダウンしてしまうかもしれませんが、絶対に見逃せませんね!

 

 - 芸能 , , , , , , ,