初めて恋をした日に読む話 第9話の感想と最終回のあらすじ

   

Pocket

TBSで火曜22時から放送されている『初めて恋をした日に読む話』。深田恭子さんが主演で話題になっていますよね!

 

大人になってから何もかも上手くいかない鈍感女子で塾講師の春見順子(深田恭子)が教え子の由利匡平(横浜流星)、いとこの八雲雅志(永山絢斗)、同級生の山下一真(中村倫也)から気づかない内にモテてしまっているというラブストーリー。

物語も最終回に近づいて参りました。どのような展開になっていくのでしょうか?

Sponsored Link
 

初めて恋をした日に読む話 第9話の感想

『初めて恋をした日に読む話 第9話』の見所は何といっても、今回の雅志のプロポーズでした!

恋愛下手の雅志が順子の部屋でプロポーズして、キスまで持っていくシーンはもうキュンキュンものでしたね!

 

あとは一真の「好きな女と二人でいてよく押し倒さないな」の一言はキュンキュンしましたね!個人的には断然一真推しなんですけどねー!順子はなんで迷うのかなー??

 

先日の3月10日には東京大学の合格発表がありましたが、ドラマ内ではセンター試験のシーンもありました。

合格したら順子に告白すると熱い思いを募らせる匡平。青春ですよねー。高校時代を思い出してしまいます。

私は大学入試時代にお付き合いしていた同級生の彼女がいたのですが、入試が終わったその日に呼び出されフラれてしまいました。(涙)

その彼女さんは気持ちが冷めてしまっていたのでしょうが、ショックを与えては悪いと思い、私の大学入試が終わるまで待っていてくれたんだと思います。優しいのか残酷なのかわかりませんが、今となってはいい思い出です。笑

初めて恋をした日に読む話,第9話,感想,最終回,あらすじ,深田恭子,ドラマ,原作,漫画

 

初めて恋をした日に読む話 最終回のあらすじ

見事センター試験を通過した匡平。しかし、東京大学二次試験当日、順子が交通事故に遇ってしまい、そのことを電話で知る匡平。大好きな順子が危険な状態にあることに不安と動揺を覚えるが、順子の言葉を思い出す。

何かを選ぶということは何かを捨てること

順子を思いながらも、匡平は目の前の二次試験に全力を注ぐことを決意する。

 

対して、雅志は順子の事故を聞き、仕事の大事な行事を抜け出し順子の元へ向かう。

順子は助かるのか?大学試験の結果は?恋は実るのか?

Sponsored Link
 

初めて恋をした日に読む話 最終回・順子が選ぶのは雅志?匡平?

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』も来週で遂に最終回ですね。

これまで毎回キュンキュンしてきましたけど、それももうすぐ終わり。

 

果たして、順子は雅志と匡平どちらを選ぶのでしょうか

真っ直ぐで純粋な気持ちで言ったら匡平でしょうけど、条件で言ったら間違いなく雅志ですよね。それに昔から知っている仲でゴールインというのも物語的にお決まりのパターンですし。

個人的には断然一真さんなのですが、どうやらもう圏外のようなのでそれはないかなと。

 

しかし、私の予想だと誰も選ばないのではないかなと思います。原作の漫画は読んでいないのですが、結末はどうなんですかね?

漫画の原作と結末が違うパターンもあり得ますし、どちらにしても来週の最終回が楽しみですね!

 

 - 芸能 , , , , , , , ,