初めて恋をした日に読む話 最終回のネタバレと感想・順子が選ぶのは?

      2019/03/21

Pocket

TBSで火曜22時から放送されている深田恭子さん主演の『初めて恋をした日に読む話』。

大人になってから何もかも上手くいかない鈍感女子で塾講師の春見順子(深田恭子)が教え子の由利匡平(横浜流星)、いとこの八雲雅志(永山絢斗)、同級生の山下一真(中村倫也)から気づかない内にモテてしまっているというラブストーリー。

初めて恋をした日に読む話 第9話の感想と最終回のあらすじ

遂にこのドラマも最終回ですね。かわいい深田恭子さんを観られなくなるのは寂しいですね。ストーリーの結末はどうなるのでしょうか?

Sponsored Link
 

ドラマ『初めて恋をした日に読む話最終回のあらすじ

見事センター試験を通過した匡平。しかし、東京大学二次試験当日、順子が交通事故に遇ってしまい、そのことを電話で知る匡平。大好きな順子が危険な状態にあることに不安と動揺を覚えるが、順子の言葉を思い出す。

何かを選ぶということは何かを捨てること

順子を思いながらも、匡平は目の前の二次試験に全力を注ぐことを決意する。

順子は一命を取り留め、匡平の入試も無事終了。しかし、匡平は順子より入試を優先させたことに引け目を感じ、なかなか順子に会えに行けません。

雅志はロシア行きがオジャンに。そして、順子のプロポーズの返事が気になって仕方ない。

そして、次々と入試の結果が連絡される。果たして匡平の結果はいかに?!

初めて恋をした日に読む話,最終回,ネタバレ,感想,順子,はじこい,ドラマ,深田恭子,横浜流星,中村倫也,永山絢斗

 

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』最終回のネタバレと感想・順子が選ぶのは?

いきなりネタバレしちゃいますが、残念ながら雅志は順子にフラれてしまいます。個人的にはイケると思ったんだけどなぁ。。

順子と順子母の会話に感動してしまいましたね。

「あの頃思い描いた自分にはなれなかったけど、私今幸せだよ。ありがとう。」

親子のわだかまりが溶けた瞬間でした。涙

そして、匡平は見事に東大合格!満を持して匡平は順子に告白。順子は自分の気持ちを隠して匡平に対して大人な対応をする。

匡平は大学生活がスタート!順子も新しい生徒を教え始める。山下くんが匡平に真実を伝え、匡平は順子に再アタック!順子は断ってしまう。

ボーッとする日々を過ごす順子。自分はまた解答を間違えたことに仲間の言葉で気づき、匡平の元へ。。

Sponsored Link
 

ドラマ『初めて恋をした日に読む』の総評最終回

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』も今回で最終回。毎週キュンキュンさせてもらい楽しみだった時間も遂に終わってしまうんですね。。かわいい深田恭子さんを観られなくなってしまうのは本当に残念ですね。

個人的な感想ですが、3人のメンズの中で1番の推しメンは山下くんでしたね!中村倫也さんがクールで、たまに出てくる決め台詞がめっちゃかっこよかったです!

このドラマは漫画が原作ということで、読んだことのある方は結末がわかってしまっているんですよね。私は拝見していないのでドラマを観るまで知らなかったのですが、なんとなく阿部寛さん主演の『ドラゴン桜』を思い出しちゃいました。東大目指すところとか。

ちょうど入試・卒業シーズンにこの物語を放送したのは季節的にもマッチしていましたね!

最近は先生を好きになっちゃうドラマがちょこちょこ放送されていますが、やはりそういう気持ちを抱く方もいらっしゃるんですかね?

私はそういう経験はないので、ちょっと理解出来ないのですがやはりある程度の需要があるんですかね?笑

原作はどんな感じで表現されているんですかね?時間があったら今度読んでみたいと思います!

 - 芸能 , , , , , , , , , ,