イノセンス最終回のネタバレと感想・武田真治も冤罪?

   

Pocket

日本テレビ、土曜22時から放送されている『イノセンス冤罪弁護士』。

11年前の事件との関連性を疑いながらも、被疑者である富士田(坂本真)の弁護をすると決めた拓(坂口健太郎)。しかし、富士田は連続事件の容疑者として再逮捕されてしまう。

拓の強力な協力者であった秋保恭一郎(藤木直人)は、拓の父親である真(草刈正雄)から科学捜査機関のメンバーになって欲しいとオファーを受ける。

イノセンス第9話の感想と最終回のあらすじ・真犯人は武田真治か?2019年

11年前の事件の疑惑も公になってしまい、崖っぷちにたたされる拓!落ち込んで帰宅している拓を何者かが襲い、拓をかばった楓(川口春奈)は刺されてします。物語も遂に最終回!一体どんな結末を迎えるのでしょうか?

Sponsored Link
 

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』最終回のあらすじ

楓を刺した謎の犯人が自首してくる。神津一成(武田真治)だ。聡子が手に入れたSNS上の人物が「KooZ」であることなどなど、明らかに怪しい神津。

拓は神津に接見をしに行くが、そこで神津から今回の2件と拓が追っている11年前の事件の犯人は自分だと聞かされる。しかし、証拠が無く何もできない拓。新たな証拠を求め諦めず捜査を再開する拓。

果たして、証拠は見つかるのか?被疑者は守れるのか?真犯人を捕まえることは出来るのか?

ドラマ,イノセンス,冤罪,弁護士,最終回,ネタバレ,あらすじ,感想,坂口健太郎,藤木直人,川口春奈,武田真治,

 

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』最終回のネタバレと感想・武田真治も冤罪?

ドラマ開始早々自主してくる真犯人の神津(武田真治)。拓との面会で11年前と今回の二件の事件も自分が犯人だと拓だけに聞こえるように自白。でも、証拠がないから犯人だと証明出来ない。腹立ちましたねー!

それに捜査を進めたくても、警察や検察が邪魔して思ったように調べられないこともイライラしました。ドラマだからこの程度で済んでいますが、実際の捜査だったらもっと大変なのでしょうね!

でも、意外とあっさり神津の犯行を立証してしまったことには驚きました。その後の神津の開き直りにはメッチャムカつきました!!

やっぱり立証うんぬんじゃなくて、反省してるかどうかが大事なんですねー。最後にはそこら辺のことも拓はおさえてくれたので、スッキリ終えることが出来てよかったー!まさか、神津も過去に冤罪の被害者だったとは、、、

Sponsored Link
 

 

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の総評

「いやいや、やりすぎでしょ?!」という実験が毎回あって楽しかったですね!あの実験の費用はどこから出ているのかな?と気になってしまいました。

弁護士さんって高給取りというイメージがありますが、拓がお金を突っ込んでいるんですかね?ドラマの中では事務所で生活しているみたいですし、お金がかかる趣味も無いように見えるますし、お給料は依頼人の潔白を証明するためにほぼ全額使っているのかも。。

それとも秋保先生と折半なんですかね?笑
実験にやたら協力的な側面がありますから、もしかしたら一部負担しているのかも。

しかし、最近はこういった事件を科学的に証明していくドラマが多いような気がしますね!先日最終回を迎えた月曜日ドラマ『トレース~科捜研の男~』や、以前放送された『アンナチュラル』なんかも、優秀な法医学者の過去に何かがあって、
物語が進むにつれて次第にその何かが明らかになり、最後は大逆転で勝利を勝ち取るみたいな。。

まぁ、そういう「どうしてなんだろう?」「どうなっていくのだろう?」という展開が面白くて、ついつい見てしまうんですけどね!笑
それに最後に大逆転した時の爽快感はたまらないですよね!そこで負けてしまうのは、やはりゴールデン枠のドラマとしてはふさわしくないのでしょう。どのドラマもキレイに勝ってますからね!笑

個人的にはハッピーエンドが大好きなので、今後もこういったドラマが放送されることには大歓迎ですし、期待しています!

 

 - 芸能 , , , , , , , , , , ,