パーフェクトワールド1話の感想と2話のあらすじ・中村ゆりも恋敵?

   

Pocket

火曜日の21時から放送歌詞となったドラマ『パーフェクトワールド』。原作は漫画で女性コミック誌『Kiss』でも連載中の人気があるので、ストーリーをご存知の方も多いかもしれませんね!女性コミック誌に連載されているだけあって、絵もキレイで私も読みたくなってしまいました。

今回はドラマということで、松坂桃李さんと山本美月さんが主演として出演されます。放送前からお2人の結婚写真(?)がとても印象的でしたので、どうしても観たいと思っておりました。しかも、主題歌『まちがいさがし』はあの人気俳優・「菅田将暉」さんが歌っていて、作詞・作曲は「米津玄師」さん!一回聴いただけで、惹き込まれてしまいました。

今回はそんな期待大のドラマ『パーフェクトワールド』の第1話の感想と第2話のあらすじを書いていこうと思います。

Sponsored Link
 

ドラマ『パーフェクトワールド』第1話の感想

ドラマ『パーフェクトワールド』第1話の感想を書いていきます。

インテリアデザイン会社・クランベリーズに勤務する川奈つぐみ(山本美月)は、取引先の渡辺設計事務所との飲み会に参加している東美千代(とよた真帆)の元に資料を届けに。そこで再開したのは、高校時代の初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)だった。

当時、遠くから見ていることしか出来なかった川奈は、鮎川が自分のことを覚えていることに驚く。高校時代バスケットボールで活躍していた鮎川を思い出し、「まだバスケはやっているの?」と聞くが、微妙な空気になってしまう。

「先に帰ります」と言い渡辺晴人(松村北斗)に車椅子を用意してもらう鮎川。なんと鮎川は大学時代に事故に遇い、脊椎を損傷してしまっていたのだ。

翌日、無神経なことを言ってしまったと鮎川の職場まで謝りにいく川奈。鮎川は全然気にしていないと言い、川奈をある場所に連れて行く。

街を一望できる公園で、夕方の街を眺める二人。街の真ん中にぽっかりと空いた空き地を指さし、コンペに通過すれば、あの場所に鮎川が企画した施設が建設されると言う。鮎川は高校時代の「一級建築士になる」という夢をかなえていた。対して川奈は「なんでもいいから絵に関わる仕事がしたい」という夢を叶えられないでいる自分はダメだなぁと思う。

そして、次の日にある画家の展覧会があったことを思い出す川奈。鮎川もその展覧会に行きたかったらしく、一緒に行くことに。このあたりでメッチャキュンキュンしました!

また次の日、待ち合わせ場所に車で登場する鮎川。(桃李先輩かっこよすぎです!)会場に着くと、展覧会は建物の2階で開催されていてエレベーターもなく、泣く泣く断念する二人。

ある日、今度は渡辺設計事務所の面々が川奈の務める会社に来ることに、そこで鮎川と川奈は近々行われる高校時代の同窓会に参加する約束をするが、そこには当時の鮎川の元恋人もいる。彼女は鮎川のことを今でも思っているらしいが、近々結婚を控えていた。
彼女を安心させるために川奈に彼女役を頼む鮎川。

同窓会に参加する二人。鮎川と元恋人の雪村美姫(水沢エレナ)は2人っきりで話すことに。ここで初めて鮎川は感情的になる。
雪村との話を終えるとさっさと先に帰ってしまう鮎川。川奈は後を追い、色々あって二人は鮎川の家でこれまでのことやこれからのことを話す。

その日以来、毎日のように電話をしたり連絡を取り合う二人。いい感じですね!鮎川はコンペの追い込みをかけ、川奈は当時の夢だったデザイナーになるための勉強を始める。

そして、コンペ締め切り直前。鮎川が体調不良により突然倒れてしまう。入院を余儀なくされた鮎川は「もう迷惑をかけるだけの人生は嫌なんだ!」と言い、職場に戻ろうとするが、川奈が引き留める。代わりに鮎川の職場から病室に資料を持ち込んで、完成を手伝う。体調不良の中、作業は深夜にまで及んでしまい鮎川はもう限界。あと色塗りをすれば完成というところで川奈にバトンタッチする。

実に絵を描くのは高校以来の川奈は失敗しないか不安になるが、鮎川は当時川奈が書いた絵が入賞し、それを自分がこっそり観に行ったこと打ち明ける。「川奈なら大丈夫」という言葉を信じ、資料に色を塗っていく。夜が明け資料は完成!急いで渡辺設計事務所に持ち帰る川奈。

後日、結果が公開されると、見事通過!「川奈のおかげだよ!」と喜ぶ鮎川。そして二人はいい感じの雰囲気になるが、鮎川は「もう恋愛も結婚もしない」という信念の元、川奈を拒んでしまう。その時、突如として現れる美人さん!「私がいなきゃダメなんだからー!」と言いながら鮎川に抱き着く!この美人さんはいったい誰なのか?!

パーフェクトワールド,1話,2話,あらすじ,松坂桃李,山本美月,中村ゆり,菅田将暉,米津玄師,まちがいさがし,主題歌,ドラマ,原作,漫画,水沢エレナ

 

ドラマ『パーフェクトワールド』第2話のあらすじ

ドラマ『パーフェクトワールド』第2話のあらすじについて書いていきます。

川奈の協力もあり、見事コンペを通過した鮎川!無理がたたって入院していたが、いい雰囲気だった鮎川と川奈の元へ鮎川の元ヘルパー・長沢葵(中村ゆり)が入ってくる。新たなライバル出現です。

鮎川の具合も良くなり、川奈に誘われた鮎川はある場所に行くことに。それは車椅子バスケの練習場となっている体育館だった。川奈は渡辺設計事務所で働く鮎川の同僚・渡辺晴人から鮎川をバスケの練習に連れてきて欲しいと頼まれていたのだった。

車椅子生活になってから鮎川はバスケはもうしないと決めていて、練習への参加を拒否したが、川奈が頼んだということもありしぶしぶ参加。次第にバスケの楽しさを思い出していき、チームに入ることになる。

練習から帰ると、鮎川のマンションの前では鮎川の母・文乃(麻生祐未)が待っていた。鮎川と川奈の姿を見ると、文乃は鮎川の新しい彼女だと喜ぶが、鮎川は速攻で否定してしまい、川奈はショックを受けてしまう。

Sponsored Link
 

 

ドラマ『パーフェクトワールド』第2話・中村ゆりも恋敵?

ドラマ『パーフェクトワールド』第1話では冒頭から松坂桃李さんの演技力に驚かされました!ここ数年、様々な役に挑戦されていますが今度は車椅子ですか!いったいどこまでチャレンジ精神が旺盛なのでしょう。自宅で妻と感心してしまいました。

そしてこのドラマ、どこかの回で絶対涙腺崩壊しちゃいますね!「絶対泣くやつやーん!」って感じでした。なんとか第1話では耐えましたが。笑

さて第2話の予想ですが、第1話の最後でこれまた美人さんが登場しましたね!鮎川と川奈がいい感じになってきたところだったので、邪魔者感は否めなかったですが、彼女は鮎川の元ヘルパー・長沢葵。中村ゆりさんが演じていらっしゃいますね!

この長沢葵も川奈の恋敵になるのでしょうか?物語的にはなってもならなくても成立するのですが、長沢の立ち位置的に恋愛感情に発展していることはあるんですかね?単純に患者さんの一人として見ていて、その上で人間として好きというのならありそうですが、、、私の予想としては、川奈がヤキモチを妬いているだけで、長沢には恋愛感情は無いんじゃないかなと思います。

しかし、ライバルがいないと言っても最大の壁は鮎川の「恋人も結婚もない」という信念を崩すことですね!二人が結婚するというゴールは決まっているようなのですが、どのようにして乗り越えていくのか本当に楽しみです!

 - 芸能 , , , , , , , , , , , , , ,