わたし、定時で帰ります。第1話の感想と第2話のあらすじ

   

Pocket

火曜の22時からTBSで放送開始となったドラマ『わたし、定時で帰ります。』そのタイトル名や、主演が吉高由里子さんということもあり、放送前から話題になっていたドラマですよね!

「定時で帰ってしまうどうしようもない社員」の話かと思いきや、昨今の日本の労働問題や風土に関する描写も多くて、「自分だったらどうするかなー?」とか考えてしまう内容でした。

今回はドラマ『わたし、定時で帰ります。』の第1話の感想と次回・第2話のあらすじについて書いてみようと思います。

Sponsored Link
 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第1話の感想

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第1話の感想について書いていきます。

株式会社ネットヒーローズ・制作4部にてディレクターを務める東山結衣(吉高由里子)は、8:55に出社し、18:00定時に退社することで有名な社員。さらに有給も出来る限り消化し、なるべく楽に仕事をすることがモットーだ。

ある日、東山は大きな仕事を終えていつも通り18時に退社。翌日に有給を取得していた。同僚の三谷佳菜子(シシド・カフカ)に「仕事仲間の皆をねぎらうために飲み会に連れて行かなくていいのか?」と聞かれるが、「皆帰りたいんじゃないんですか?私急ぐので!」とお構いなし。

実は会社近くの中華料理店・上海飯店は18:10までハッピーアワーでビールが半額!東山はこれを目当てに急いで退社するのだった。

翌日、有給を利用して人間ドックを受診しそのまま旅館で温泉や料理を楽しむ東山。どうやらこれが東山の楽しみらしい。本当に羨ましいです

そんな毎日を楽しんでいた東山だが、勤務先の制作4部に新しい部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)と東山の元婚約者・種田晃太郎(向井理)が配属されることに。

早速、新しい大きな仕事を持ってきた福永と種田。三谷は自分にこの仕事を任せてもらいたいと買って出る。定時で帰り恋人の諏訪巧(中丸雄一)との時間を楽しむ東山に対して、三谷は連日休みなく出勤し深夜まで残業を続け仕事を進めていき、風邪を引いても仕事を続ける。

 

そんなある日、三谷が教育を担当していた女性新入社員が三谷に反抗する。三谷は自分が新人時代に教育された厳しいやり方で新入社員を教育していたが、彼女はそれに耐えきれず退社。三谷のパソコンのパスワードを勝手に変更しとんずらしてしまったのだ。
三谷が土下座をして謝罪すれば教えるというが、三谷にその気はなく、もう一度資料を作り直すところから。。。おいおいやりすぎだろ、新入社員ちゃん。。

東山は新入社員にパスワードを聞きに行こうと三谷を説得するが、「あなたに言われるのが一番腹が立つ!」と感情的になり職場を飛び出していってしまい、それから三谷も無断欠勤をしてしまう。三谷は以前働いていた会社で「皆勤賞以外にとりえがない」と言われ、なおかつ要領の良い東山に引け目を感じていたのだ。

無断欠勤が続く三谷を心配した東山は、三谷の自宅を訪れることに。そこで、自分がネットヒーローズに転職してきた理由を話す。

東山は新卒で大手の旅行代理店に就職が決まったが想像以上の激務だった。休みはなく、残業は月に100時間以上。仕事をきちんと教えてもらうこともなく、「早く!急げ!」と怒鳴られる毎日だったが言われたことは全部やった。

「あぁ、怪我か病気でもしないかなぁ。そうしたらしばらくゆっくり休めるのになぁ。」と思っていた矢先、就職してから半年で思っていた通りになってしまった。仕事中、階段から落ちて意識不明の重体となってしまったのだ。病院で目を覚ました時、「あぁもう辞めよう。」と思ったとのこと。

そして、転職活動を始め「わたしは定時で帰りたいです。」という志望動機を伝え続け99社落ち、ネットヒーローズで100社目。
面接の時、社長に「そんな志望動機じゃどこも雇ってくれなかっただろう?」笑われたが、なんとか採用された。

「会社だけの人間になるな。人生を楽しめ。いろんな人と会え。世界を広げろ。そういうことの積み重ねがいい仕事を作る。」新人研修の時の社長の言葉を、胸に東山は今も働き続けているのだった。メッチャ良いこと言うな社長さん

三谷が仕事出来ないなんて誰も思っていない。種田も三谷は仕事が丁寧で助かると言っていた。という説得も効き、三谷は職場に復帰することに!そして、さらに育児休暇を取得していた東山の先輩・賤ヶ岳八重(内田有紀) も復帰してきた。

盛り上がる制作4部だが、東山の頼れる情報提供者・愁(桜田通)から「福永は危険だ。気を付けろ。」という連絡が来る。

わたし、定時で帰ります。,1話,2話,あらすじ,吉高由里子,向井理,ユースケ・サンタマリア,中丸雄一,ドラマ,内田有紀

 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話のあらすじ

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話のあらすじについて書いていきます。

体調も整い職場に三谷が職場に復帰してきたが、もう一人職場に復帰してくる人物が!育児休暇を取得していた東山の先輩・賤ヶ岳だ!夫が育児休暇を取得したために職場に復帰することができたのだ。

「時短勤務なんて甘いことは言いません!初日から残業でも何でもやります!」と張り切る賤ヶ岳に周囲の同僚たちは心配してしまう。

第1話で三谷が請け負った仕事は途中で種田が引き継いだが、制作4部は見事コンペに通過し大手飲料メーカーのPRを請け負うこととなった。ディレクターには賤ヶ岳が採用され仕事を進めていくが、サイトを公開する直前でトラブルが発生!!

そして、そんなトラブルの中、賤ヶ岳夫の陽介(坪倉由幸)から子供たちが熱を出したという連絡が入る。子育てと仕事を両立させたい賤ヶ岳だが、、、

Sponsored Link
 

 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話・

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第1話では、「長時間勤務をする同僚との仕事への考え方の違い」がテーマだったかと思います。第2話ではぶつかっていた二人も和解し、二人で上海飯店でビールを飲むようですね!よかったよかった

さて、第2話のテーマは「ワーキングマザー」ですね!これまた難しい問題ですよね!ちょうど最近、わたしも会社の研修で「マタハラ」や「パワハラ」に関する研修を受けたのですが、職場全体の理解度を上げたり、本人と周囲とのコミュニケーションを密に取ったりと対応策もなかなか時間と手間がかかるもの。

しかし、これからの時代そういうことにもしっかりと取り組んでいかないと、いつまでも労働環境が改善されていかないのだなと強く感じました。

話がそれてしまいましたが、第2話ではワーキングマザーの賤ケ岳(内田有紀)さんが仕事と育児の両立で悩むようですね。本人はバリバリ働きたい!しかし、子供がいる。職場が「仕方のないこと」と理解してくれるわけではないということもわかっているから、多少無理をして家庭を犠牲にしてでも仕事を頑張らないと評価してもらえない。今頑張らないと、今後仕事を任せてもらえなくなる心配がある。

本当に難しいですよね。こういう環境が早く改善出来るように日々一人一人が努力していかなければなりませんね。

仕事を頑張る賤ケ岳に対して、東山は「そんなに仕事が大事なんですか?」「先輩は何と戦っているんですか?」と問いかける。確かにドラマの「定時に帰って仕事以外のことを楽しむ」というようなテーマと照らし合わせると、「家庭」の方が大事という答えに誘導されてしまいそうですが、そんなに簡単じゃないですよね。

第2話のテーマはとってもデリケートでとっても難しい問題なので、再度そういう問題に向き合うという意味でも絶対観ておきたいですね!

 - 芸能 , , , , , , , , ,