【これ大事】コーヒーグラインダーをバイト初心者が扱う際の注意点!

      2018/12/07

Pocket

■コーヒーグラインダーとは一体どんな機械?

コーヒーグラインダー』と聞いてわかりますか?

カフェで働いている方はわかるかもしれませんが、一般の方にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

 

コーヒーグラインダー』とは豆を挽く機器のことです。

コーヒーミル』と言えばわかるのではないでしょうか?

 

グラインダー』と『ミル』は何が違うのかと言うと、明確な違いは感じられません。

『グラインダー』の方が「一度に大量のコーヒー豆を挽く・挽ける」というイメージで、『ミル』の方が比較的少量というイメージです。

しかし、大量にコーヒー豆を挽ける『コーヒーミル』も販売されていますし、『グラインダー』でも少量のコーヒー豆を挽くことは出来るので、大まかにそういうイメージがあるというくらいに覚えておけばOKです。

 

そして、こちらが当店自慢の『コーヒーグラインダー』です!

 

コーヒーグラインダー

 

 

「デカい!」と思いましたか?

もちろん業務用なので、かなりの重量です。

毎日、私たちのため・お客様のために頑張ってコーヒー豆を挽いてくれています!

 

最初はアルバイトさんも「こんな本格的な機械、私に使えるのかしら?」とタジタジしてしまうのですが、1週間も経つとバンバンコーヒー豆を挽いちゃってます!笑

扱い自体はそんなに難しいものではないのですが、注意すべきポイントがあるので解説していきますね!

 

バイト初心者がコーヒーグラインダーを扱う際の注意点を解説

それでは『コーヒーグラインダー』の機器の取り扱い方と注意点を一緒に解説していきます。

まず確認して欲しいことがいくつかあります。

① コンセントを挿す前に電源スイッチがOFFになっていること

② 『グラインダー』上部の『コーヒー豆受け』にコーヒー豆が入っていないこと

③ 『コーヒー豆受け』と『カッター(刃)』の間にきちんと『仕切り板』が設置されていること

④ レバーを2、3回引いてコーヒー豆のカスが落ちてこないこと

以上の4点です。順番に解説していきます。

 

① コンセントを挿す前に電源スイッチがOFFになっていること

最も基本的なことですが、コンセントを挿す前に電源スイッチがきちんとOFFになっていることを確認して下さい。

ONになった状態でコンセントを挿すといきなり『カッター』が回転し始めるので危険です。

まぁ『カッター』は機器の内部にあるので、怪我をしたりすることはないとは思いますが、一応刃物ですので万が一のことを考えて電源がOFFになっていることを確認しましょう。

コーヒーグラインダー

 

 

② 『グラインダー』上部の『コーヒー豆受け』にコーヒー豆が入っていないこと

コレかなりNGです。

あまり認知されていませんが、そもそも「コーヒー豆」って『生鮮食品』なんです。

お店で保管されている豆は『ロースト(焙煎)』されてある程度コーヒー豆内部の水分が抜け、火が通っているのですが、それでもやはり『生鮮食品』なんです。

生鮮食品』ということは「野菜・お肉・お魚と同じということですね!

なので、基本的にコーヒー豆は冷蔵庫に入れて保管した方がいいです。

というか、どんどん劣化が進んで味や風味が落ちてしまうので、冷蔵庫で保管するべきです。

ですので、一度に挽く豆の量を決めてから『豆受け』に豆を入れ、その場で豆を挽き、『豆受け』は常に空の状態にしておくのが望ましいです。

また、お店自体の清掃が行き届いていない場合、害虫が入り込んでしまいそのまま、、、

なんていう最悪の可能性もありますので、『グラインダー』を使用しない時は『コーヒー豆受け』は常に空にしておきましょう

 

③ 『コーヒー豆受け』と『カッター』の間にきちんと『仕切り板』が設置されていること

『コーヒー豆受け』と『カッター』の間に『仕切り板』が設置されていることも確認しましょう。

『仕切り板』は薄い金属のプレートで、『豆受け』に入れたコーヒー豆が『カッター』に落ちてしまうのを防ぎます。

 

「えっ?コーヒー豆が機械の中に入らないと豆が挽けないじゃないですか?!」

 

そう思いますよね!解説しますね!

電源OFFで『グラインダー』の『カッター』が止まった状態のままコーヒー豆を機器内のカッター部分に入れると、刃と刃の間に豆が入り込んでしまうんです

この状態のまま電源をONにすると、カッターが強引に豆を砕き、刃に大きな負荷がかかってしまい故障の原因となるんです。

また、刃に入り込んでいた豆の粉は強引に砕かれただけで、機器で設定した粗さに挽かれていないので、抽出する際にもコーヒー成分をきちんと抽出できないわけです。

こういったことを防ぐために『仕切り板』が設置されているんですね。

 

で、『仕切り板』を引き抜くタイミングについてですが、コーヒー豆を『豆受け』に投入し、電源スイッチをON!

カッターが回転しているのを確認したら引き抜きます

 

このような手順を踏むことで、機器に負担をかけずにきちんと豆を挽くことが出来ます。

この『仕切り板が』きちんと奥まで入っていない状態でコーヒー豆を『豆受け』に入れてしまうと、隙間から豆がカッター部分に落ちてしまいますので、しっかり奥まで差し込むようにして下さいね!

 

コレ、私の店でもよく起こることなんです。

『仕切り板』を挿し込んだつもりが、奥まできちんと入っていなくて電源をONにした瞬間に排出口から砕かれたコーヒー豆が出てくるんです。

アルバイトさんにはきちんと指導はしているのですが、やっぱり忙しくなったりすると『グラインダー』を使用した後に、『仕切り板』を適当に挿し込んだままにしてしまうことがあります。

ですので、面倒だと感じるかもしれませんが、きちんと『仕切り板』を戻すことを日頃から意識しておいた方がいいですね!

コーヒーグラインダー

 

 

④ レバーを2、3回引いてコーヒー豆のカスが落ちてこないこと

次は『グラインダー』の手前部分に付いている『レバー』を2、3回引いて「ガンッ!ガンッ!」機器にショックを与えましょう。

この時にコーヒー豆排出口からカスが落ちてこなければOKです。

コレなんのためにやるのかと言うと、前に挽いた豆の残りカスが次に挽いた豆に混入するのを防ぐためです。

 

「細かいなぁ!」と思いますか?

 

先ほども解説しましたが、コーヒー豆って『生鮮食品』なんです。

そして、コーヒー豆の形状が細かくなればなるほど、豆の酸化・劣化は急激に進んでいきます

ですので、少量とはいえ、この残りカスが新しく挽いた豆に混入するのはやはりよろしくないんです。

ちょっとした手間なのですが、衛生的にも味・香りも良くなるので必ずやりましょう!

コーヒーグラインダー

 

 

コーヒーグラインダー使用後のケア、メンテナンス他

『コーヒーグラインダー』の使用方法はおわかり頂けましたか?

ここで手順を確認しておきましょう。

まず、コンセントのプラグを挿し込む前に、電源スイッチがOFFになっていることを確認します。

次に『豆受け』にコーヒー豆が残っていないかと『仕切り板』が『グラインダー』本体にきちんと挿し込まれているか確認します。

最後に、『レバー』を2、3回引いて、カスが出ないことを確認します。

全ての確認が終わったら、コーヒー豆の排出口に、挽いた豆を入れる袋や容器をセットして、『豆受け』のフタを開き、コーヒー豆を入れましょう。

ここで『仕切り板』を引き抜いたら、『カッター』の刃と刃の間に豆が入り込んでしまうので、ここでは我慢します。

先に電源スイッチをONにします。

すると『カッター』が回転し始めるので、回転音を確認したら『仕切り板』を引き抜きます。

排出口からどんどん挽かれた豆が出てくるので、しっかりと受け止めて下さいね!

『豆受け』の豆が全部落ち切ったら、最後に『レバー』を2、3回引きます。

これは『豆受け』の隅に残っている豆を落としたり、排出口に残ったカスを取り除くためです。忘れずにレバーを引きましょう!

 

 

さて、ここからは『グラインダー』を使用した後のケアについて解説します。

コーヒー豆を挽いた後は、排出口から出てきた豆のカスがあちこちに飛び散り付着します。

『グラインダー』本体にも豆カスが付いていたりするので、小ホウキなどでカスを取り除きましょう

排出口の部分もササっと掃くだけでカスが落ちますので、忘れずに掃いて下さいね!

 

最後に『豆受け』の中を掃除します。

まず『仕切り板』がきちんと『グラインダー』本体に挿し込まれていることを確認して下さいね。

『仕切り板』が無いことに気づかず誤って電源スイッチがONになってしまったら大変危険です。

『仕切り板』が挿し込まれていることを確認したら、『豆受け』の中にアルコール消毒薬を噴霧し紙や布巾で拭き上げます。

コーヒー豆には油分が含まれているので、毎日きちんと拭き上げないと、どんどん茶色くなってしまいます。

機器を清潔に保つためにも必ず掃除しましょう!

 

 

以上、『コーヒーグラインダー』の扱い方とその注意点を解説いたしました。

一度覚えてしまえば大したことは無いのですが、細かい注意点がいくつもあったことをおわかり頂けたことと思います。

『グラインダー』は決して安い機器ではありませんので、長く使えるようにするためにも、正しい取り扱い方で大切に使いましょう!

 

 - カフェ豆知識