スパイラル第2話の感想と第3話のあらすじ・星田英利がゲスト出演

   

Pocket

月曜22時からテレビ東京で放送されているドラマ『スパイラル〜町工場の奇跡〜』。

玉木宏さんが主演で演じるのは、元大手の銀行行員だった芝野健夫は経営難に苦しむ企業を救う企業再生家をやっていた。彼が町工場の小さい会社を再生する様子を描いた作品です。

スパイラル第1話の感想と第2話のあらすじ・戸塚純貴が営業マン?!

大手の曙電機を退職して、マジテックという町工場の専務となった芝野。果たして芝野はマジテックを再生することが出来るのでしょうか?

今回はドラマ『スパイラル〜町工場の奇跡〜』第2話の感想と第3話のあらすじについて書いてみようと思います。

Sponsored Link
 

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第2話の感想

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第2話の感想を書いていきたいと思います。

第2話では、いきなり3億円の負債を抱えていることがわかったマジテックの社長・藤村浅子(貫地谷しほり)と藤村望(戸塚純貴)。

金利の高い金融機関から金利の低いところへの借り換えを行ったり、新規顧客の開拓のために芝野と望が奔走します。新生マジテック始動です!

以前、芝野に助けてもらった企業を周り、営業活動を続ける営業主任の望だがなかなか成果が上がらず落ち込んでしまう。

一方で芝野も借入先の金融機関に融資の借り換えをお願いするが、大手企業の肩書を失ったことでなかなか話を聞いてもらえずにいた。

社会なんてそんなものですよね。私も今の会社での肩書が無くなったら、得意先や取引先の人が言うこと聞いてくれるなんて思ってませんもん。そういう意味では現在の会社に感謝しております。

 

望と芝野は営業先に足しげく通い、お客の立場に立った提案をする。すると見事試作品の発注を受注するのだった。初成約おめでとう!!

そんな中、難病を抱えた少女・正木希実(宝辺花帆美)に保険のCM出演の依頼が来る。引き受ければ出演料として1000万円が支払われることがわかる。

母親の奈津美(野波麻帆)はメディアに出ることのリスクも考えたが、新しいマジテックガード(マジテックが開発した補助機器)の開発費用に出来ると思い、番組の出演を承諾する。

しかし、「難病をネタに金を貪る悪女」などの誹謗中傷がSNSで拡散・炎上してしまう。その火の手はマジテックガードを開発していたマジテックにまで及んでしまう。

絶対誰かが仕組んだことだろ?!でもこういうことって実際に現在の日本で起きそうだから怖い!

ドラマ,スパイラル,2話,,3話,あらすじ,星田英利,玉木宏,貫地谷しほり,戸塚純貴,真矢ミキ,眞島秀和,

 

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第3話のあらすじ

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第3話のあらすじについて書いていきます。

希実のCM出演により、SNSで誹謗中傷を受ける母親の奈津美とマジテック。これは誰かが仕組んだことなのか?

借入先の銀行や取引先にも知られることとなり、せっかく試作品の発注まで成約した取引が見送りに。

その裏で芝野を潰そうと動く村尾浩一(眞島秀和)。あの手この手で、マジテックの債権を金融機関から買い漁り
ホライズンキャピタルジャパンのナオミ・トミナガ(真矢ミキ)に売却しようとする。

さらにその他にもADキャピタルの田畑英二(星田英利)らがマジテックの買収に乗り出す。

このままマジテックが乗っ取られてしまったら、希実の身体の成長に合わせた新しいマジテックガードの開発は中止しなくてはならなくなる。

芝野とマジテックの社員はどうするのか?新しいマジテックガードは開発できるのか?

Sponsored Link
 

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第3話・星田英利さんがゲスト出演

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第2話では、新規製品の受注も取れそうで、借金の借り換えも出来、順調にコマを進めるマジテック!かと思いきや裏で色々な動きがあり、このまま簡単にマジテックを再生させてはくれなさそうですね。

第3話では星田英利さんがゲスト出演されます。

ADキャピタルという金融機関の人間っぽいのですが、スプラジャパンという企業(?)を名乗る人と一緒にマジテックを訪れていますね。

既にマジテックの債権を一部買い取っているのでしょうか?なんにせよ、芝野たちの思惑とは別の方向にマジテックを持って行こうとしていることはわかりますね。

SNS炎上など、第3話にしてかなり崖っぷちに立たされている芝野&マジテック。

どんな手を使って大逆転するのか、早く観てみたいですね!

 - 芸能 , , , , , , , , , ,