集団左遷!!2話の感想と3話のあらすじ・香川照之がスパイ?

   

Pocket

日曜21時からTBSで放送中のドラマ『集団左遷!!』。第1話からとんでもない展開になってしまいましたね!

サラリーマンである以上、上司の命令には逆らえない。しかし、仕事をしなければ部下たちはリストラされてしまう。頑張ってきた人たちに対して、「頑張るな!」と指示を出す本部。

集団左遷!!1話の感想と2話のあらすじ・市川猿之助が手ごわい?

福山雅治さん演じる片岡洋はそんな本部に遂に逆らい頑張ることを宣言!無謀なノルマを達成しなければ自分自身もリストラされてしまうという危機的状況に!果たして大逆転は起きるのでしょうか?!

今回はドラマ『集団左遷!!』の第2話の感想と第3話のあらすじを書いていきたいと思います。

Sponsored Link
 

ドラマ『集団左遷!!』第2話の感想

ドラマ『集団左遷!!』第2話の感想をあらすじと一緒に書いていきたいと思います。

第1話で三友銀行の本部常務取締役で人事担当の横山輝生(三上博史)に「頑張るな!」と命令されたが「頑張らせて頂けないでしょうか?!ノルマを達成したら廃店を考え直してもらえますよね?」と啖呵を切った蒲田支店の支店長・片岡洋(福山雅治)。

このシーンでは胸が熱くなりました!

蒲田支店でそのことを話すと、銀行員全員から猛反対を受けてしまう。しかし、「頑張るしかない!」と押し通す片岡。そこへ営業に出ていた横溝厚男(迫田孝也)が戻ってきて、「町田エネラル」という企業から5000万円の融資を取り付けたとの報告を受ける。

100億円という無謀なノルマに意気消沈していた銀行員たちだが、横溝の朗報により息を吹き返す!

片岡はすぐに「町田エネラル」に挨拶へ向かうが、そこで「町田エネラル」の社長・町田良介(市川猿之助)に出会い、彼が「メガソーラー事業」をやりたいという夢があることを知る。

翌日、融資の契約に改めて「町田エネラル」に向かった片岡と横溝だが、どういうわけか羽田支店の支店長が訪れていて、町田社長と契約を交わしてしまう。

どこからか情報が洩れ羽田支店が蒲田支店よりも低い金利での貸し付けを提案。第1話の滝川晃司(神木隆之介)の時と同様手柄を横取りされてしまう。

万事休すと諦めかけた片岡だが、町田社長が「メガソーラー事業」をやりたいと言っていたことを思い出し、彼の夢のために「土地」を探すことに。

「土地を見つけたら、融資の件を考えてもらえますか?」と言い出す片岡。

結果として「メガソーラー事業」に適した土地を3年間無料で提供する農家さんを見つけ町田社長のところに持って行くが、融資の件は頑張っている最中にどうでもよくなってしまう。その旨を伝えて「町田エネラル」を後にする片岡と横溝。

道草くっていると、蒲田支店から「すぐに帰ってこい!」との連絡が!

なんと町田社長が羽田支店にお願いしていた融資を断り、蒲田支店にお願いしたいと言ってきたのだ。理由は「嬉しかったから。」その言葉に喜ぶ片岡と蒲田支店の銀行員たち。

さらに、銀行員の平正樹(井之脇海)が営業先から戻ってきて、毎月3000万円の融資を取り付けてくる。勢いに乗った蒲田支店は1ヶ月で7億円超えの業績を達成する。

喜ぶ銀行員たち!お祝いに飲みに行こうとしていた時に、本部の横山常務が蒲田支店に訪れる。果たして彼の目的とは?

いやぁ~、でも物語の途中で出てくるサッカー少年のキーパー君には私も元気をもらいました。0-7でボロ負けなのに、全く諦めない!それどころか、点を入れられないように練習を積み重ね、キーパーとして活躍するようになった姿を見た時はドラマとわかっていても嬉しかったですね!私もあのキーパーの少年のようにありたいものです。

集団左遷,2話,話,香川照之,福山雅治,神木隆之介,三上博史,市川猿之助,ドラマ

 

ドラマ『集団左遷!!』第3話のあらすじ

ドラマ『集団左遷!!』第3話のあらすじについて書いていきます。

様々な妨害にあいながらも、1ヶ月で7億円超えの実績を残した蒲田支店に本部の常務取締役・横山が訪れる!目的はわからないが、「大いに期待しています」と言い残して蒲田支店を去っていく。

その時、蒲田支店の銀行員・滝川晃司(神木隆之介)はあることに気が付く。副支店長の真山徹(香川照之)は本部に行ったことがないのに、なぜか横山を知っている感じだったと。

横山から理解され、応援されていると勘違いした片岡は気合十分!翌日からさらに頑張ろうとするが、本部から廃店の決定した小平支店の応援に人員を割いてもらいたいと指示を受ける。

ノルマ100億円を達成するには、営業へ行きここでさらに業績を伸ばしたいと思う蒲田支店の面々だが、副支店長の真山はなぜか本部の肩を持つ。その様子に滝川は真山にさらに本部からのスパイ疑惑を募らせていく。

そうこうしている内に、真山の顧客であった「田口るみビューティーサロン」の社長が、夫婦で蒲田支店に融資相談にやってくる。その額なんと30億円!!

この契約を成立させれば、100億円達成に大きくコマを進めることが出来ることに喜ぶ片岡と蒲田支店の銀行員たちだが、そこには、、、

Sponsored Link
 

 

ドラマ『集団左遷!!』第3・香川照之がスパイ?

ドラマ『集団左遷!!』第2話では本部からの嫌がらせを受けながらも、1ヶ月で7億円を達成するという快挙を成し遂げた蒲田支店!

しかし、第3話からはさらに本部からの圧力がかかるようです。第1話、第2話でも臨店や羽田支店に先を越されるという嫌がらせを受けた蒲田支店。神木隆之介さん演じる横山が蒲田支店内にスパイがいるのではないかと疑い始めます。

どうやら、そのスパイは副支店長の真山(香川照之)っぽいですね!何かと本部の事情について詳しい真山、第1話からその気配はありましたけど、常務取締役の横山の顔を知っているところを見ると、これは確定ですかね!

もしかしたら、大学や高校時代の同期だったという線もありますけど、妻が入院している真山は何とかして家庭を守りたいという思いから、本部へ蒲田支店の情報をリークしていると考えるのが妥当ですよね。

でも、「田口るみビューティーサロン」の契約が決まってしまったら30億円!これは横山への反逆とも取れますから、真山のクビも危ないですよね。

真山が蒲田支店へ全面的に協力するようになったら最高なんですけど、第3話ではそこへ至るまでのストーリー展開も予想出来ますね!

次回の第3話も楽しみですね!

 - 芸能 , , , , , , , ,