わたし、定時で帰ります。3話の感想と4話のあらすじ・柄本時生がイメチェン

   

Pocket

火曜22時からTBSで放送中のドラマ『わたし、定時で帰ります。』!

「定時で帰ってしまう困った社員」のことを題材にしたドラマかと思いきや、毎回しっかりとした内容で色々と考えさせられてしまいます。第2話のテーマは「ワーキングマザー」で、働く母親の悩みについて考えるいいきっかけとなりました。

わたし、定時で帰ります。2話の感想と3話のあらすじ・泉澤祐希の本心は?

第3話のテーマは「新人教育」です。

何年か勤務を続けると必ず回ってくるのが「教育係」!私も「新入社員教育」を何度か体験しましたが、当然ながらなかなか大変でした。

今回はドラマ『わたし、定時で帰ります。』の第2話の感想と第3話のあらすじについて書いてみようと思います。

Sponsored Link
 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第3話の感想

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話の感想について、あらすじも交えて書いていきます。

第3話のテーマは「新人教育」。

第2話の最後で、クライアントのPR商品を撮影していた現場の動画がSNSで拡散・炎上してしまう!

東山結衣(吉高由里子)は新入社員の来栖泰斗(泉澤祐希)が録画をしていたことを思い出し、連絡を取ろうとするが全く繋がらない!仕方なく予定をキャンセルし、クライアントの元に謝罪へ行く。しかし、その予定とは婚約者の諏訪巧(中丸雄一)の実家への挨拶だった。

翌日、いつもと変わらない様子で出社してくる来栖に問い詰める東山。「休日だったので、出ませんでした」と答える来栖。(まぁ間違ってはいないんだけどさぁ。)

どうしてSNSにアップしたのかと言うと、友人のグループチャットに流したところ、その友人が勝手にアップロードしてしまったのだとのこと。(意識が低い。。。)

来栖を呼び出し説教する東山、種田晃太郎(向井理)、福永清次(ユースケ・サンタマリア)だが、「退職します」と言い残し会社を出て行ってしまう。

「やっちゃったことはしょうがない。挽回するしかない。謝らなくちゃいけない人に謝りに行こう。」東山の説得で来栖は謝罪に戻る。

オフィスに戻った2人だが、炎上したことで逆にクライアントの商品が有名になり、発注が殺到し、なんとか難を逃れた。(ラッキー野郎め。。)

東山は自分の教育係だった先輩の賤ヶ岳八重(内田有紀)に新人の教育について相談する。

「新人は新人類」と思っていた東山だが、自分も賤ケ岳からそう思われていたことを知る。「レッテル貼らないでその人自身を見ていくことが大事」と教わる。(本当にその通りだよね!)

その後、大手スポーツウェア企業「ランダースポーツ」のコンペの話が入り、東山が担当になり、来栖はアシスタントを担当。

東山が考えたプレゼンは失敗したかと思われたが、現場の社員にこそ響かなかったものの、上層部のコンセプトに一致しコンペ通過!退職しようかと思っていた来栖も、東山のフォローをした際にクライアントから感心されたことを知り、会社に残ることを決意する。

新人の頃って、「本当にこの会社でいいのかな?自分って何の役にも立ててないんじゃないかな?」と思いがちですよね。後から考えれば新人の頃から何でもできるワケないんですけどね!

でも、先輩や上司がしっかりとコミュニケーションを取って、そういうことを伝えていったり、小さなことを褒めたりしていかないと、やっぱり嫌になってしまうんじゃないかなと思います。もちろん、本人の努力も必要ですけどね!

わたし定時で帰ります,3話,4話,柄本時生,吉高由里子,向井理,中丸雄一,ユースケ・サンタマリア,泉澤祐希,内田有紀,

 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第4話のあらすじ

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第4話のあらすじについて書いていきます。

ある日、ネットヒーローズ制作4部の部長・福永の元に常務の丸杉から報告が入る。なんでも、制作4部でサービス残業をしまくっている社員がいるらしい。

すると、東山と種田のところにWebデザイナーの児玉剛(加治将樹)が報告に来る。フロントエンジニアの吾妻徹(柄本時生)が深夜のオフィスに住みついてると。

東山と種田は吾妻にサービス残業や非効率な仕事をしないよう注意するが、直そうとする気配は見られない。

そんなある日、制作第4部に派遣のデザイナーとして、桜宮(清水くるみ)が赴任してくる。

吾妻は桜宮の優しさや明るさに惚れてしまい、自分のカッコいいところを見せたいと思い、仕事の効率アップのやり方を東山に伝授して欲しいと相談してくる。

Sponsored Link
 

 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第4話・柄本時生がイメチェン

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第4話のテーマは「仕事の効率化」でしょうね。

「働き方改革」という言葉がどの企業でも叫ばれていますが、現在もダラダラと仕事をしていたり、無駄なサービス残業をしている方も多いと思われます。

全部が全部そういうわけではありませんし、考え方や捉え方も企業ごと、人それぞれですから一括りにするつもりはもちろんありません。でも、仮に勤務時間中に無駄な時間が発生していてそれを改善しようと思ったら、やっぱりそれは意識からなんですよね。

私も会社員ですから、本社から与えらえれていた人件費の予算があって絶対無理なのに、「1か月でアルバイトの勤務時間を合計で200時間削減しろ!」と指示された時には、本当に腹が立ちました。

今までやっていた作業をどんなに早くやっても目標には届きませんでしたし、必要な人員を配置することも出来ずアルバイトさんにも苦しい思いをさせてしまいました。

さすがに目標は達成できませんでしたが、その月は100時間程は削減出来ました。

話がそれてしまいましたが、今回の第4話では柄本時生さん演じる吾妻徹が「カッコいいところを見せたい!シュッと仕事をこなしたい!」という意識改革があったわけですよね!

動機は不純かもしれませんが、「やろうと思わなければ出来ない」ということが1つの真理なのかなぁと思っています。

彼の場合、外見もイメチェンしていますからかなり大きな意識改革があったのかもしれませんね!笑

外見だけでなく、働き方のイメチェンも成功することをお祈りしております!

 - 芸能 , , , , , , , , ,